top of page

2024年4月の日記

4月30日


姪っ子と、初めての対面

まだ皮膚も赤く、赤ちゃんなんだと感じる

筋肉は小さく、皮膚も薄くて柔らかく一見か弱く見えるが

身体は生き生きと大きくなろうとしている力に漲っている


甥っ子の時も感じたが

この時期の子どもは、まだ笑ったりしないが

寝顔は何か満ちていて、大きな存在を感じてしまう

どこかお地蔵さんのようで、つい手を合わせてしまう

ありがたやありがたやありがとう


ーーーーーーーーーーーーーーー

4月27日


今日のお教室は鯉のぼり作り

不織布に大きく絵を描き形を作っていく


鯉は、中国で生命力が強く縁起の良いものとされており

鯉のぼりの起源は中国だが、あの形になったのは

日本の風習のこどもの誕生を喜び健やかな成長を願って上げる旗と

縁起の良い鯉にしようと考えた人が昔々の日本にいたとのこと


こども達が、白い布に絵具を思い思いに塗り

それぞれの雰囲気をつくっていく

それをクルッと丸めて鯉のぼりにする


個性的なこの鯉のぼり達は

きっとそれぞれの住んでいる風景を反映しているのだと思う

元気にそれぞれの場所で元気に泳いでくれるといいなと思いつつ

毎年作って並べて、その時を思い出すきっかけにもなって欲しい



甥っ子も制作

1歳の時から毎年制作しているので今年で4匹目


ーーーーーーーーーーーーーーー


4月26日


甥っ子が描いた蝶

夜と昼の積み木


「これ、宝物!」とキラキラと話してくれた

こういう感覚あったなーと、良い間隔を思い出させてもらった



ーーーーーーーーーーーーーーー

4月10日


朝家を出る時間は、近所の小学校の登校開始時間

横断歩道で近所のおじいちゃんが交通整理の棒を持って

道ゆく人に挨拶をしている

私が自転車で横断するところは少し離れているが

いつも棒を振ってくれるのに会釈をする、それがもう数年続いている


今日はおじいちゃんがこちらに歩いてきて

「おはよう!これ自転車の車輪につけときな」と

車輪の骨につける反射サックをくれた

はじめて近くでお顔を拝見できた嬉しい出来事


ーーーーーーーーーーーーーーー

4月7日


今日のアトリエ教室のテーマは「花」

花を描いたり、立体で作ったり

じっくり観察して想像を膨らませたり

絵具に置き換えたり、2時間があっという間に過ぎる



ーーーーーーーーーーーーーーー


4月1日


アトリエの小さい庭の整理

暖かくなってきて植物が一気に伸びている

雑草を敷き草にしたり、山からとってきた腐葉土をプランターに入れたり

今年の夏、どんな景色になるのか楽しみ


Commenti


bottom of page