2022年1月の日記

更新日:2月20日

1月のある日


今年始めの展示

9年前に大学院を出て初めての個展を行った銀座スルガ台画廊

ーーーーーーーーーーーーーーー

1月18日


再来週にあるグループ展に出す作品を仕上げた


昨年、那須で出会った秋と冬の間の風景

枯葉に埋もれながら咲いている野生のりんどう

寒い空気の中、枯葉の布団でしのぎながら

素敵に咲いていた


寒い中描いていてもなんだか暖かい気持ちになれた



ーーーーーーーーーーーーーーー

1月12日


35歳の誕生日

今年は、少しずつお教室の計画を進め

制作で“日記”シリーズとは別に、

“ふきよせ”シリーズを新しく加え


あとは、旅をして新しい景色に出会う年にしたいと願う


ーーーーーーーーーーーーーーー

1月11日


アトリエの2階に新しい仲間

植物が欲しく姉にプレゼントしてもらった

葉っぱが大きく所々穴の開いたモンステラ

穴は、スコールなどの強い雨で茎が折れるのを防ぐためだとか

植物は環境に合わせて成長する

大切に育てようと思いつつ

良いモチーフにもなってくれそう


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月のある日


2歳10ヶ月甥っ子の書初め


描く時、色んな動物の物語を話しながらクレヨンや筆を動かす

色を混ぜ色の変化を見るのが楽しくなり黒くなった画面の中には

葉っぱを食べてるとか山がでてきたり、イメージが溢れている


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月3日


アトリエのお教室用に昨日購入した天板用のベニヤ板

そのままでは、キズや汚れがつきやすいため、蜜蝋ワックスを塗る事に

調べてみると蜜蝋ワックスは簡単に作れるようで

蜜蝋1〜2割を乾性油に溶かすだけとのこと

どちらも油彩で使うリンシードオイルと蜜蝋メディウム用に持っている

早速湯煎で2つを溶かし混ぜて出来上がり

冷えてペースト状になったら布で擦り込む

数日でオイルが乾燥しコーティングされる

部屋が油絵具の匂いに包まれ久々の感覚


気分が上がってきて

階段のステップをコンクリート用のペンキで塗り

チョコレート色の手すりと足下が危なくないように選んだ緑で

抹茶チョコを彷彿とさせる階段も完成し

嬉しい気分と疲れた体でお正月を終えた


ーーーーーーーーーーー


1月1日


ゆっくり明るくなってから起き

太陽の光を掌に


今年はお教室を実現できるよう動き

秋の個展に向けてたくさんの風景に出会いに

遠くに足を運んだり、散歩をしたり


心身の健康を大切に

絵の道を精進していこう