2021年6月の日記

更新日:2021年6月23日


6月のある日


この時期は、キャンバスの地塗りには向かない

湿気が多く、乾燥に時間がかかるため

木枠のアクが浮いてきたり、麻布の張りが弱かったり

なにかとトラブルが多い


先日まで授業で行っていた愛知県芸の地塗り実習も

愛知県は関東よりも早く梅雨位入りしていたため

雨で、湿度が高いなか行った

扇風機を回したり、麻布の張りを強めにしたり

これまでの経験値で予測して対策を踏まえながら授業をしたが

何名かの学生さんのキャンバスはゆるく出来てしまった

毎年、何かと反省することがある、精進しないと、、


しかしながら、本当はこの時期でなく、秋晴れの時に地塗りが出来

本当に気持ちの良いキャンバスができるのにと思いつついる

学部一年の基礎的な内容のためこの時期なのは仕方ないが

是非、個別に天気の良い時に地塗りをしてもらいたい



そして、この時期には良いのは、漆の作業

湿気と温度が乾燥に必要な漆にはベストシーズン

知り合いの食器達を金継ぎ



ーーーーーーーーーーーーーーーー


6月6日


慌ただしくしていたら、藍が凄い事に


雨と最近の暑さで非常に元気である


これはそろそろ第一次刈り入れをして

生葉染をやってみなければ




ーーーーーーーーーーーーーーーー

6月のある日


梅雨に入りシトシト雨の降る中歩いたら

カタツムリもゆっくりと歩んでいた


雨がちょっと嬉しくなる光景