2020年10月の日記

10月3日


この香りの季節がやってきた

ほんの数日味わえる空気

道端や人んちの庭を

ちょっと楽しませてもらおう





















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


10月1日

コロナの影響で延期になっていた

佐藤一郎先生と技材の先輩方とのグループ展が

10月23日より銀座の永井画廊にて始まる

今日はzoomを使った作家によるトークの収録


一郎先生関連の展示に参加させていただくのは、今年で3回目 毎回テーマが与えられるのが決まりとなっている

1、2回目は、”バラ”がテーマだった

1回目の時に、薔薇の鉢を購入して、観察しながら描き

2回目はその鉢の一年後を描いた

薔薇は今まで描いてこなかったとても良い機会だった


今年のテーマは”エロス” お題を受け取ってからかなりの長い期間考えていたが

自分なりの答えが見つからなかった 自分の作品にその要素を感じたことがなく

どう答えて良いのか、まとまらないまま描き始めた

1枚目は結果描ききることは出来ず 悩んでいた時、日本画家の徳岡神泉の椿を描いた作品を思い出した

椿はいつも惹かれながらも描かずにいた花だった

椿を描くことで何か今回のテーマに対する自分なりの考えがみていてくると思い

描き出したのが今回の出品作品


まだ完成ではなかったが、作品を前にトークをした

緊張をしたがテーマについて他の先輩の作家さん達の話を聞くことで

またもう一踏ん張りこの作品に向かいたいと思っている